【覚田真珠】創業79年 真珠の生産から加工・販売までを、一貫して手がけています

日本語 英語 中国語
COMPANY
生産から加工・販売までを、一貫して手がけています。
この会社の根幹は、品質の徹底的な追求です。社員は、人間性と、品質への貢献でのみ計られます。強い信念をもって、仕事に取り組むこと。常に新しい技術に取り組み、誠実な価格設定をすること。生産から加工・販売までを自社で一貫して行うこと。手間を省き、真珠の目方ばかりを気にする効率主義を捨て、真珠の本質である、輝きを大切にします。品質は、全てに優先する。それが、覚田真珠です。
ネックレスを組む前準備の選別
ネックレスを組む前準備の選別
(本社2Fにて2008年)

80年という時間が培ったのは、信頼。
初代社長の覚田嘉蔵が、三重県志摩郡(現在の志摩市)で真珠の仲買を手がけたのが、覚田真珠のはじまりです。以来80年以上にわたり、高品質の真珠を生み出してきました。現在は、その培った信頼をもとに、海外へと販路を広げています。「品質は、全てに優先する」という信念を持ち、妥協のないものづくりを続けています。
ネックレスのマッチング
ネックレスのマッチング
(本社2Fにて1964年)

非常識は、やがて常識になりました。
業界の常識となった、アコヤ貝の種苗生産を他社に先駆けて開始しました。現在は、アコヤ真珠100万貝挿核規模のグループ会社を擁します。また、早くから海外に目を向け、戦後世界で3番目に日本国外での真珠養殖に着手しました。インドネシアにおいて10万貝挿核規模のグループ会社を展開、白蝶真珠の大規模養殖場を経営しています。
1960年 オーストラリア・タートルヘッド島の 自社養殖場
1960年 オーストラリア・
タートルヘッド島の自社養殖場

人間を育てると、真珠が育ちます。
ものづくりに妥協せず、トップクオリティの真珠を生み出し続ける社風は、多くの人材を生み出してきました。世界で初めて黒蝶真珠養殖に成功した室井忠六氏、世界最大の真珠養殖会社の日本人パートナーである浜口純一氏など、枚挙にいとまがない程です。最高の真珠を育てるためには、その真珠を扱う人間を育てる必要がある。覚田の真珠が美しい秘密が、ここにあります。
熊本天草のグループ会社 九州真珠挿核作業
熊本天草のグループ会社
九州真珠挿核作業

会社概要
会社名 覚田真珠株式会社
本社所在地 〒516-0074 三重県伊勢市本町7番5号
TEL 0596-28-0231
FAX 0596-27-1176
資本金 9000万円
代表者 代表取締役 覚田譲治
事業内容 真珠の養殖、加工販売
沿革 1931年1月 英虞湾にて個人創業
1949年8月 覚田真珠株式会社設立
1952年4月 天草に九州真珠有限会社設立
1960年12月 オーストラリア進出
1981年10月 インドネシア進出
営業所 神戸営業所
〒650-0003 神戸市中央区山本通1丁目7番23号
北野ヒルズ201号
従業員 28名(2015年4月現在)
取引銀行 みずほ銀行、三重銀行、商工中金
関連会社 株式会社伊勢パールピアホテル
株式会社東海産業
アイ・エス・イー有限会社
九州真珠有限会社
有限会社浅海真珠
P.T.ARTA SAMUDRA