見分け方・お手入れの方法 見分け方・お手入れの方法

PEARL

見分け方・お手入れの方法

真珠のチェックポイント

覚田真珠の真珠について。

KAKUDA PEARLS

サイズ

ベーシックなユニフォームタイプと呼ばれるあこや真珠のネックレスは、0.5mm刻みで製作されます。例えば「7.0×7.5mm」とあれば、クラスプ付近(ここをスソと呼びます)から両側約1/4は7.0から7.25mmの珠を使い、ネックレスの約半分にあたる真ん中部分(ここをセンター付近と呼びます)は7.25から7.5mmの珠を使います。

言い換えれば「7.0×7.5mm」の表記があるネックレスは7.0mmよりも小さい珠を使ってはいけないし、7.5mmよりも大きい珠は使っていないということです。売り場で不安になったら、真珠のサイズを測るゲージというものを借りて、クラスプ付近の珠のサイズを測ってみるのもいいかもしれません。
(真珠のサイズはふるいにかけて測るので、最小径が表示サイズを切る場合もあります)。表示よりも小さい珠がたくさん混ざっていたら、考え直した方がいいでしょう。この過程には科学機器が一部導入されていますが、中心は鑑識眼に裏打ちされた繊細な手作業です。80年を越える伝統に磨きぬかれた技術が「大珠の覚田」、「品質と価格に信頼のおける覚田」を築きあげました。

KAKUDA PEARLS

カタチ

生きものがつくる真珠ですから、いろいろな形があります。ほとんどの真珠は、中心に軸をもつ回転対称のカタチをしています。回転軸を縦にしたときに、まんまるがラウンド、縦長がドロップオーバル、横長がボタンです。まんまるに近いドロップオーバルやボタンはセミラウンド(セミ)か、オフラウンド(オフ)と呼ばれます。言葉にするとなんだか難しいですが、写真を見てもらうと分かりやすいと思います。

カタチ

KAKUDA PEARLS

真珠の色の表現には、ダイヤモンドのような色基準がありません。統一基準がないので、人によって表現の方法がちがいます。ネックレスメーカーが共通の言語で表現しているのは、白、グレイ、クリーム、イエロー、ゴールデンといった、パッと見たときの色合いです。クリーム、イエロー、ゴールデンは黄色の濃さの度合いで区別されます。これらは、とても濃い金色以外は、お値段的には白いものよりも控え目に評価されます。黒蝶真珠は、色のバリエーションがあこや真珠よりも広く、ピスタチオ(殻をむいた中身の鮮やかな黄緑)やピーコック(干渉色を伴う鮮やかな緑)などいろいろありますが、あこや真珠では基本的に、この黄色のグループと白のグループ、グレイ(ブルーを含む)の3種類が大まかな分類になります。

色

KAKUDA PEARLS

マキ厚とテリと干渉色

真珠の価値基準の多くは、「マキ厚」によって左右されます。マキというのは、貝が体内にどれぐらい真珠層を巻きつけたかを指します。マキにはいろんな条件のちがいで差がでてきます。一般的には、養殖期間が長ければマキも厚くなります。マキはそれだけではなく、核を貝に入れる際の技術や、仕様する貝のコンディショニングを含む養殖技術、水温やプランクトン量などの海の状態にも大きく左右されます。つまり、貝の気持ちになって貝を育てることができたら、しっかり巻いたよい真珠になります。

マキ厚とテリと干渉色

KAKUDA PEARLS

キズ

真珠の評価基準の中で、注意深く見ればだれでもわかるのが「キズ」です。真珠のなめらかな肌が少しでも乱れていれば、人によってはそれを「キズ」と呼びます。真珠の商いに携わる人達は、色やカタチ、テリ、マキ、サイズ等の評価要素の中で、キズやカタチにおいては妥協して、テリやマキが真珠にとって、最も大切と考えるからです。しかし「キズ」にもタイプがあって、「見逃してもよいキズ」と「見逃してはいけないキズ」があります。

キズ

「あなたのネックレスに出会うための4章」

さらに詳しくは冊子(PDF)をご覧ください

真珠のアフターケア

真珠のアフターケア

真珠のネックレスを永くご使用になるには、時に洗浄、磨き、糸替えをすることが必要です。きちんとしたアフターケアを提供しているかどうかも、お店を選ぶ基準のひとつになります。ここでは、ご自分でできるケアと、お店がするべきケアをみてゆきます。。

ギャラリー 店舗案内